So-net無料ブログ作成
検索選択

赤ちゃんがアレルギーになる食べ物 [良くない食べ物]

妊娠初期の食べ物によって、お腹の赤ちゃんが産まれてきた時に
アレルギーになるんじゃないかと心配になりますよね。


でも実は、これはほぼ問題ないとされています。
何を食べてもいいのか、というと微妙ですが、
食べ物によって、赤ちゃんがアレルギーにかかってしまうなんてことは
科学的には証明されていないんですね。




妊娠初期なんてのはデリケートな時期ですから、
やっぱり心配事が多いです。

とすると、アレルギーにならないようにするための食べ物というのも
存在しないんですね。というかこちらも科学的には証明されてない、ということになります。


すべての食物が問題なく食べれるのかというとそういういわけでもなくて、
あのピーナッツとか食べることによって起こるアナフィラキシーショックなんてのがあって、
そっちの方は気をつける方向で考えていきましょう。


アナフィラキシーショックって聞いたことあるんですが、
実際にはどういったことが起こるのかよくわからないなんて人もいるかと思います。


これは、急に全身性アレルギーがおこるもの、
重度のもので、下手をすれば死者も出てしまうという危険度の高いアレルギーなんですね。

全身性というのは皮膚や呼吸器、消火器、循環器などを指します。



結構やばいと思いませんか?
できればそのアナフィラキシーを避けるために、
(医学的に実証されてはいないとは思うのですが)
ピーナッツとかそういったナッツ類は避けるようにしたいですね。
完全に食べないように、というわけではありませんので。



食事とは別に、生まれてくる子供がアレルギーにかかってしまう可能性が考えられるとすれば、
それは、父親と母親、両親の遺伝によるものなんですね。


父親が鼻炎アレルギーだ、とかになると
それが遺伝してしまう、ということです。


こればっかりは遺伝的なものなので、
そういったところまで伝達しないように祈るしかないのではないかな、と思っています。








共通テーマ:妊娠・出産